2021.5.25 09:58

8季ぶりCL出場決定のミラン、指揮官が歓喜「本当に感動。我々は2位にふさわしかった」

8季ぶりCL出場決定のミラン、指揮官が歓喜「本当に感動。我々は2位にふさわしかった」

8季ぶりCL出場決定のミラン、指揮官が歓喜「本当に感動。我々は2位にふさわしかった」

8季ぶりCL出場決定のミラン、指揮官が歓喜「本当に感動。我々は2位にふさわしかった」【拡大】

 ACミランの指揮官ステファノ・ピオリが23日のアタランタ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューや記者会見において、チャンピオンズリーグ(CL)出場権の獲得に歓喜した。

 ACミランは23日、セリエA最終節で2位アタランタと敵地で対戦。43分、DFテオ・エルナンデスが獲得したPKをキッカーのMFフランク・ケシエが沈めて先制に成功すると、後半アディショナルタイムに再びPKから追加点を挙げて2-0と勝利を収めた。

 ACミランはこの結果、合計79ポイントを獲得して2位へ浮上。2013-14シーズン以来となるCL出場を決めた。指揮官のピオリは喜びを隠せない。

 「CLにたどり着くことができた。このチームはCL出場や2位の成績にふさわしかったと思う。本当に感動したし、幸せに感じている。素晴らしい環境で仕事をさせてくれたクラブや、今日もACミランの価値がどれほどのものであるかを示してくれたサポーターにも感謝したい。組織としての努力の結果であり、出場機会が少なかった選手たちの功績でもある。みんなが一丸となって結果を出すことができた」

 「非常に満足している。シーズンを通して2位にふさわしいパフォーマンスを示していたと思う。シーズンを良い形でフィニッシュするためにはチームが大きく成熟しなければならなかったが、クラブが常に、非常に若いこのチームを支えて保護してくれた。これほど成長への意欲と熱意があるチームを指揮していることを誇りに思う」

 最後にACミラン指揮官は、昨年1月からチームをけん引してきた39歳のFWズラタン・イブラヒモヴィッチに言及。「ズラタンは満点で合格だ。彼には『来シーズンは水曜日だけプレーしてくれ』と伝えたんだ」と冗談ながらに語った。(Goal.com)