2021.5.24 00:23

コンテ・インテルミラノが14年ぶり勝ち点90台に到達! 11年ぶりセリエA優勝のシーズン、大勝で有終の美を飾る

コンテ・インテルミラノが14年ぶり勝ち点90台に到達! 11年ぶりセリエA優勝のシーズン、大勝で有終の美を飾る

コンテ・インテルミラノが14年ぶり勝ち点90台に到達! 11年ぶりセリエA優勝のシーズン、大勝で有終の美を飾る

コンテ・インテルミラノが14年ぶり勝ち点90台に到達! 11年ぶりセリエA優勝のシーズン、大勝で有終の美を飾る【拡大】

 インテルミラノは23日、セリエA最終節でウディネーゼと対戦した。

 今シーズン、11年ぶり19度目のリーグ優勝でユベントスの10連覇阻止に成功したインテルミラノ。勝ち点91に伸ばすことを見据えて、最終節は13位のウディネーゼをホームに迎えた。

 2-3で敗れた前節のユベントス戦から7選手を変更して試合に臨んだインテルミラノは、早々の8分に先行。ラウタロ・マルティネスのシュートがDFに当たってこぼれたボールをゴールエリア左に侵入したアシュリー・ヤングが決めて先制する。A・ヤングはこれが今季初ゴールとなった。

 ハーフタイムにかけてもインテルミラノが主導権を掌握。しかし、なかなか決定機創出には至らない。39分には、負傷でプレー続行不可能になったセンシに代わってエリクセンを投入。すると44分には、そのエリクセンがペナルティアーク中央から蹴った直接FKが壁に当たってネットに収まり、2-0とした。

 迎えた後半も52分に正面のラウタロがGKのファインセーブを強いるシュートを放つなど、インテルミラノが攻勢に出る。55分にはハキミが倒されて得たPKを冷静に沈めたラウタロがリーグ17ゴール目を挙げて、3点差とする。

 さらに、64分にベシーノのラストパスからペリシッチが4点目を決めたインテルミラノは、72分にもルカクが今季24ゴール目を挙げて5点目。79分にはPK献上から1点を返されたものの、そのまま5-1の大勝で有終の美を飾った。

 この結果、インテルミラノの最終勝ち点は91に。勝ち点90台に到達したのは、勝ち点97で優勝した2006-07シーズン以来14年ぶりとなった。(Goal.com)