2021.5.17 10:44

松山英樹、最終日は「全然駄目」/米男子

松山英樹、最終日は「全然駄目」/米男子

特集:
松山英樹
最終ラウンド、9番でバーディーパットを決め、拍手に応える松山英樹。通算12アンダーの39位=TPCクレイグランチ(共同)

最終ラウンド、9番でバーディーパットを決め、拍手に応える松山英樹。通算12アンダーの39位=TPCクレイグランチ(共同)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 AT&Tバイロン・ネルソン最終日(16日、米テキサス州・TPCクレイグランチ=7468ヤード、パー72)最終9番で2メートルのバーディーパットを決めた松山はファンの歓声に笑みで応えた。ただ、最終ラウンドの評価は「全然駄目だった」。インの前半に二つ伸ばしたが、雨が強まった後半は2バーディー、2ボギーと足踏みした。「雨風はあったがスコアは伸ばせたはず。自分の状態が良くない」と話した。

 4月のマスターズ優勝以来5週ぶりの実戦で「4日間できたというのは一番の収穫」と自らの状態を確認。20日からは全米プロ選手権で「少しでも良い状態で臨めるように頑張りたい」とメジャー2連勝に挑む。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ