2021.5.26 07:30

【エモやんの舌好調】巨人は重量打線で乗り切れ スモーク&ウィーラーの見事な一発

【エモやんの舌好調】

巨人は重量打線で乗り切れ スモーク&ウィーラーの見事な一発

2回 巨人・スモークが先制本塁打を放つ=東京ドーム(撮影・矢島康弘)

2回 巨人・スモークが先制本塁打を放つ=東京ドーム(撮影・矢島康弘)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 (日本生命セ・パ交流戦、巨人9-4楽天、1回戦、巨人1勝、25日、東京D)巨人がパのチームへ向けて、強烈な“かまし”を入れた。柔よく剛を制す…ではない。剛には剛で立ち向かい、ねじ伏せる。交流戦の戦い方を見つけたのではないかな。

 試合のターニングポイントに挙げられるのは、四回のウィーラーの逆転3ランだけど、引き金となったのは、二回のスモークの先制アーチだった。相手バッテリーは、それほどマークしていなかったはず。ああも見事に、外国人らしいストレートへの反応を見せられ、ドカンとスタンドに運ばれたら、ビビらないはずがない。パのチームは、パワーで優位に立つと思っているだろうから、逆にショックで、ダメージは大きいよね。

 坂本に続き、梶谷も戦線離脱。チョコマカとしたオーダーで、なんとかやりくりしたくなるところで、試合を決めたのは、コンスタントに打てる2人の助っ人。こうなったら巨人は、2人を前面に出して、重量打線で交流戦を乗り切ることだ。いざとなれば、助っ人を3、4番で並べてもいい。まだ、日によって好不調の波が激しい岡本を、楽な打順で打たせてやる手も、あると思うよ。(本紙専属評論家)

試合結果へプロ野球日程へ