2021.5.26 05:02

日本ハム・五十幡が恩返し打!新リードオフマンが07年以来の交流戦Vへ牽引

日本ハム・五十幡が恩返し打!新リードオフマンが07年以来の交流戦Vへ牽引

三回に左越え二塁打を放つ五十幡。快足を武器にするルーキーはバットでも存在感を示した(撮影・長尾みなみ)

三回に左越え二塁打を放つ五十幡。快足を武器にするルーキーはバットでも存在感を示した(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (日本生命セ・パ交流戦、ヤクルト2-4日本ハム、1回戦、日本ハム1勝、25日、神宮)ヤクルトに、そして神宮に恩返しの2安打だ。日本ハムのドラフト2位ルーキー、五十幡亮汰外野手(22)=中大=が三回にチーム初安打となる左越え二塁打、七回にも中前打を放って、ともに生還した。

 「大学で4年間やってきた球場なので、リラックスして試合に入れた。それに(ヤクルトは)お世話になっている球団なので、“しっかりやってるぞ”というところをアピールできて良かった。脅威(の存在)になれるようにやっていきたい」

 中大時代に同期のDeNA・牧と東都大学リーグで活躍した神宮はいわば“自分の庭”。さらに、埼玉・行田市立東小6時の2010年にはヤクルトジュニアの一員として「NPB12球団ジュニアトーナメント」で準優勝を飾った。ちなみに、同年のヤクルトジュニアからは21年にロッテ育成D4位で佐藤奨真投手も入団した。

 中3時の全国中学校体育大会で現在100メートル9秒97の日本記録保持者であるサニブラウンを破って、陸上100(10秒92)、200メートル(21秒81)の2冠に輝いた快足が最大の武器。7日の1軍昇格から先発した8試合は全て1番打者で起用されている。

 23日の西武戦でプロ初本塁打を放ったが、「数多く出塁することが自分の仕事。だから1本の本塁打より、複数安打を目標に一試合一試合を大切にやっていきたい」。チームは交流戦でソフトバンクに次ぐ12球団2位の通算187勝目。新リードオフマンが07年以来の交流戦Vへ牽引(けんいん)する。(東山貴実)

試合結果へプロ野球日程へ