2021.5.24 18:12

千金犠飛のち急きょ右翼守備「大丈夫か?」の問いに大谷「もちろん!」

千金犠飛のち急きょ右翼守備「大丈夫か?」の問いに大谷「もちろん!」

特集:
大谷翔平
アスレチックス戦の7回1死満塁、代打で同点の犠飛を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(USAトゥデー・ロイター=共同)

アスレチックス戦の7回1死満塁、代打で同点の犠飛を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(USAトゥデー・ロイター=共同)【拡大】

 【アナハイム(米カリフォルニア州)23日(日本時間24日)=丹羽美佳子通信員】エンゼルスの大谷翔平投手(26)はアスレチックス戦でスタメンを外れた。3-4と1点を追う七回1死満塁で代打で登場。一時、同点となる右犠飛を放ち1打点を挙げた。その後は、右翼の守備につき、2イニングを守った。チームは6-5で勝利し、連敗を3で止めた。

 当初は、24日(25日)に試合がないため、2日連続で休養させたい狙いがあった。代打起用は事前に伝えていたが、マドン監督は「それ(外野にまわること)は言っていなかった。だが『右翼の守備は大丈夫か?』と聞いたら『もちろん!』と答えていた。彼は本当に勝負が好きなんだ」と会話の中身を明かした。

 投手として、2勝目を目指す次回先発は28日(同29日午前5時7分開始予定)の敵地、アスレチックス戦が予定されている。