2019.10.10 05:03(1/2ページ)

内村&白井がいなくても!体操日本、“2強”に迫った男子団体総合「銅」

内村&白井がいなくても!体操日本、“2強”に迫った男子団体総合「銅」

特集:
東京五輪
内村航平
銅メダルを獲得した(左から)橋本、萱、谷川翔、谷川航、神本の日本代表

銅メダルを獲得した(左から)橋本、萱、谷川翔、谷川航、神本の日本代表【拡大】

 体操・世界選手権第6日(9日、ドイツ・シュツットガルト)男子団体総合決勝が行われ、日本(谷川翔、谷川航、萱和磨、神本雄也、橋本大輝)は、合計258・159点で2大会連続の銅メダルを獲得した。ロシアが合計261・726点で旧ソ連時代の1991年大会以来28年ぶりに王座を奪回。決勝は各チーム5人で種目ごとに演技した3人の得点合計で争われ、予選の得点を持ち越さない。8日の女子団体総合決勝で、米国が4種目合計172・330点で優勝した。5連覇は2001年大会のルーマニアに並ぶ最多記録。

 新生・ニッポンが価値ある銅メダルだ。2015年大会以来の世界一はならなかったが、16年リオデジャネイロ五輪金メダルメンバーが不在の中、中盤まで首位に立つなどロシア、中国の2強に迫った。

 全6種目で奮闘した萱は「(自身の)出来は言うことないくらい良かった。ただ、シンプルに負けた悔しさが大きい。もう一つ上がらないといけない」と満足しなかった。

【続きを読む】

  • 谷川翔の平行棒=9日、ドイツ・シュツットガルト(撮影・川口良介)
  • 谷川航のつり輪=9日、ドイツ・シュツットガルト(撮影・川口良介)
  • 萱和磨の跳馬=9日、ドイツ・シュツットガルト(撮影・川口良介)
  • 橋本大輝のあん馬=9日、ドイツ・シュツットガルト(撮影・川口良介)
  • 神本雄也の鉄棒=9日、ドイツ・シュツットガルト(撮影・川口良介)