2019.9.11 16:39

韓国、東京五輪・パラ会場への旭日旗持ち込み禁止を要請

韓国、東京五輪・パラ会場への旭日旗持ち込み禁止を要請

特集:
東京五輪

 韓国の文化体育観光省は11日、東京五輪・パラリンピック会場への旭日旗の持ち込み禁止を求める書簡を国際オリンピック委員会(IOC)に送ったと発表した。東京五輪・パラリンピック組織委員会が持ち込みを禁止しない方針を示していることに対する措置。上部機関を巻き込んで撤回を促す狙いだ。

 朝日をかたどった旭日旗はかつて日本の陸海軍旗として使用された。植民地支配を受けた韓国では「日本の帝国主義の象徴」と受け止めており、抵抗感が強い。

 同省によると、書簡は朴良雨・文化体育観光相名義でIOCのバッハ会長宛てに送付。組織委の立場に「深い失望と憂慮」を表明した上で、組織委が容認姿勢を撤回して競技会場への持ち込み禁止に向けて徹底した対策を取るよう、IOCの積極的な役割を要請したとしている。

 また、ナチスのかぎ十字(ハーケンクロイツ)が欧州で戦争の悪夢を思い出させるように、旭日旗は当時、日本の侵略を受けた韓国や中国、東南アジアの国に「歴史的な傷や苦痛を想起させる象徴だ」と主張した。(共同)