2019.8.14 05:03(1/3ページ)

楢崎「金」!ボルダリングでただ一人完登/スポーツクライミング

楢崎「金」!ボルダリングでただ一人完登/スポーツクライミング

特集:
東京五輪
課題をクリアし、歓喜の楢崎智亜。2大会ぶりの金メダルで、五輪切符獲得へ好スタートを切った (撮影・川口良介)

課題をクリアし、歓喜の楢崎智亜。2大会ぶりの金メダルで、五輪切符獲得へ好スタートを切った (撮影・川口良介)【拡大】

 スポーツクライミング・世界選手権第3日(13日、エスフォルタアリーナ八王子)2020年東京五輪の出場権が懸かる大会。ボルダリングが行われ、男子決勝は今季W杯総合覇者の楢崎智亜(ともあ、23)が4課題のうち2つを完登し、2大会ぶり2度目の金メダルを獲得した。日本勢はこの種目で3大会連続の優勝。女子決勝では通算4度のW杯総合優勝を誇る野口啓代(あきよ、30)=ともにTEAM au=が2課題で完登し、2大会連続の銀メダル。男女のエースが五輪切符獲得へ前進した。

 布団に入っても、なかなか眠りにつけなかった。楢崎智が今大会を迎える直前のこと。東京五輪切符を懸けた1週間超の長丁場を、いかにして乗り切るか考えていた。「ボルダリングが良かったら、逆に悪かったら…」。そんな不安を一掃し、2大会ぶりに世界王座を奪還した。

 「(W杯)年間王者を取っている中での優勝で、かなり自信になりました」

 準決勝を2位通過で迎えた決勝。1課題目で完登し、さらなる見せ場が3課題目にやってきた。壁が客席側へとせり出す傾斜のきつい難所を、抜群のバランス感覚で完登。4分の持ち時間の残り30秒で攻略し、頂上で拳を握って万雷の拍手を浴びた。

【続きを読む】

  • スポーツクライミング・世界選手権男子ボルダリング決勝上位成績
  • スポーツクライミングの世界選手権男子ボルダリング決勝で、第3課題を完登し雄たけびを上げる楢崎智亜。2大会ぶり2度目の優勝を果たした=東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子
  • 男子ボルダリングで優勝し表彰式で笑顔の楢崎智亜。左は2位のヤコブ・シューベルト、右は3位のヤニック・フロヘ=エスフォルタアリーナ八王子