2019.7.22 05:01

男子100平・小関、4位で決勝へ/競泳

男子100平・小関、4位で決勝へ/競泳

男子100メートル平泳ぎ準決勝、小関也朱篤の泳ぎ=韓国・光州(撮影・恵守乾)

男子100メートル平泳ぎ準決勝、小関也朱篤の泳ぎ=韓国・光州(撮影・恵守乾)【拡大】

 水泳・世界選手権第10日(21日、韓国・光州)男子100メートル平泳ぎ準決勝で小関也朱篤(ミキハウス)が58秒89の全体4位で22日の決勝へ進んだ。準決勝で予選のタイムを0秒02上回り、好位置につけた。世界で初めて57秒を切る驚異的なタイム(56秒88)を出したアダム・ピーティ(英国)と競り合うのは難しそうだが「58秒台前半で、銀メダルを狙う」と現実的な目標を設定した。

  • 男子100メートル平泳ぎ準決勝を終え、健闘をたたえ合う小関也朱篤(右)と英国のアダム・ピーティ=光州(共同)