2019.7.22 05:00

東京五輪テスト大会、1都3県走る!参院選影響なし/自転車

東京五輪テスト大会、1都3県走る!参院選影響なし/自転車

特集:
東京五輪
東京五輪自転車ロードレースのテスト大会で、大国魂神社の境内を走り抜ける選手たち=21日、東京都府中市

東京五輪自転車ロードレースのテスト大会で、大国魂神社の境内を走り抜ける選手たち=21日、東京都府中市【拡大】

 2020年東京五輪の自転車ロードレースのテスト大会が21日、東京、神奈川、山梨、静岡の1都3県14市町村の公道を巡る総距離約189キロのルートで行われた。スタート地点の武蔵野の森公園(東京都府中市)を含む都内や神奈川県の沿道には大勢の人が詰め掛けた。コース周辺は地域ごとに2時間前後の交通規制が敷かれた。東京五輪組織委員会によると、参院選の投票に影響が出たとの報告はなかった。

 広域開催で、沿道ボランティアや警察・消防など総勢1万人規模が動員された。組織委の森泰夫大会運営局次長は「安全、確実にレースを運営するというのが第1目的。それが達成できた」とした。

 この日は本場イタリアやフランスなど9カ国・地域の代表を含む20チーム計95人が出場。レース後半の標高1171メートルの三国峠が最大の難所で、4時間50分53秒のトップで富士スピードウェイ(静岡県小山町)にゴールしたイタリアのディエゴ・ウリッシ(30)は「かなりの急坂で大変だった」と印象を述べた。