2019.7.22 13:08

人文字で「あと1年!」 東京五輪で子どもたち

人文字で「あと1年!」 東京五輪で子どもたち

特集:
東京五輪
「東京2020マスコットロボット ミライトワ」とポーズをとるミライトワ=東京・味の素スタジアム(撮影・早坂洋祐)

「東京2020マスコットロボット ミライトワ」とポーズをとるミライトワ=東京・味の素スタジアム(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 2020年東京五輪の開幕まで24日で1年。会場の一つとなる東京都調布市の味の素スタジアムでは22日、地元の児童や保護者ら二百数十人が「あと1年」を意味する「1 Year to Go!」の人文字をつくり、大会を待ち望む気持ちを表した。

 大会組織委員会と東京都のイベントで、お披露目から丸1年を迎えた五輪の公式マスコット「ミライトワ」とパラリンピックの「ソメイティ」も参加した。ミライトワが競技のジェスチャーをして何のスポーツかを当てるクイズなどで盛り上がった。

 また、トヨタ自動車がこの日発表したマスコットのロボットも登場し、握手した子どもたちからは「すごい」と歓声が上がった。

 マスコットのデザインは昨年2月に全国の小学生による投票で決まり、同7月22日に組織委が名前を決定して正式デビューした。味の素スタジアムは五輪のサッカー、ラグビー7人制、近代五種の会場となる。

  • 2020年東京五輪開幕まで1年となるのを前に、イベントで披露された大会マスコット「ミライトワ」の形をしたロボット(右)=22日午前、東京都調布市の味の素スタジアム
  • 東京五輪カウントダウンイベントで公開された「東京2020マスコットロボットミライトワ」=東京・味の素スタジアム(撮影・早坂洋祐)