2019.7.22 00:29

小池、200も一定の収穫/陸上

小池、200も一定の収穫/陸上

特集:
東京五輪

 陸上のダイヤモンドリーグ第10戦最終日は21日、ロンドンで行われ、男子200メートルで小池は来年の東京五輪参加標準記録に到達する20秒24で4位だった。追い風0・9メートルだった。

 小池は9秒98で走った前日の100メートルに続き、200メートルでも力走した。追い風0・9メートルを受けて20秒24で走り、世界選手権と東京五輪の参加標準記録に到達した。自己ベストには100分の1秒及ばなかったが「(苦手の内側の)2レーンでも、これだけ出せたので一安心」と一定の収穫を口にした。

 大外の9レーンで飛ばした謝震業(中国)がアジア新記録の19秒88をマークするなど、順位は4位にとどまった。「周りが全然落ちてこなかった。これだけ離されると、まだまだ力が足りない」と受け止めた。(共同)