2019.7.21 13:26

日本女子、池江不在も400メートルフリーリレーで日本新/競泳

日本女子、池江不在も400メートルフリーリレーで日本新/競泳

特集:
池江璃花子

 水泳・世界選手権第10日(21日、韓国・光州)競泳の予選が行われ、女子400メートルフリーリレーで、日本が3分36秒17の日本新で、5位でこの日の夜の決勝に進出した。予選12位以上で与えられる来年の東京五輪出場権も獲得した。

 日本は大本里佳(イトマンSS)青木智美(あいおいニッセイ同和損害保険)佐藤綾(新潟医療福祉大)白井璃緒(東洋大)の4人で臨み、18年アジア大会でマークした3分36秒52の日本記録を0秒35更新した。

 女子100メートル自由形の日本記録保持者で、昨年のアジア大会では第一泳者として日本を引っ張った池江璃花子(ルネサンス)は、白血病で闘病中。エース不在のなかでの日本新に青木は「池江さんの存在がないので、今は個々に力をつける年だと思っている。そういったなか、不在のなかで日本記録が出せたことはすごくよかったし、これが池江さんの励みにもなればいいなと思う」と充実した表情だった。