2019.7.18 05:02

乾が銅!ソロTRに続きFRでも「ここまで教えてくださった井村先生に感謝」/アーティス

乾が銅!ソロTRに続きFRでも「ここまで教えてくださった井村先生に感謝」/アーティス

アーティスティックスイミング(AS)ソロ・フリールーティン(FR)決勝 銅メダルを獲得し表彰式で笑顔の乾友紀子

アーティスティックスイミング(AS)ソロ・フリールーティン(FR)決勝 銅メダルを獲得し表彰式で笑顔の乾友紀子【拡大】

 水泳・世界選手権第6日(17日、韓国・光州ほか)アーティスティックスイミング(AS)のソロ・フリールーティン(FR)決勝で乾友紀子(28)=井村ク=が93・2000点で3位となり、2007年大会以降実施されているこの種目では日本勢で初めて表彰台に立った。女子高飛び込み決勝で、荒井祭里(18)=JSS宝塚=は321・45点の9位となり、東京五輪代表に決まった。

 乾の目から涙が流れた。マーメイドジャパンが波に乗れないなか、乾がテクニカルルーティン(TR)に続いてフリーでも銅メダルを獲得。表現力が必要とされるフリーでもメダルを獲得し、ソリストとしてその名を世界に刻んだ。

 「諦めないでやってきてよかったという思いと、小さいときから見放さず、ソロのメダリストになれると誰よりも信じてここまで教えてくださった井村先生に感謝の気持ちです」

 乾が現在の所属クラブでもある井村クに移籍した小学6年から井村雅代ヘッドコーチ(68)との付き合いがスタート。中国の指導者として同コーチが日本を離れた時期もあったが、14年に日本のヘッドコーチに復帰してからの6年間は、密にソリストとしての力を二人三脚で磨いた。

 「完璧だった。私が育ててきた中で5本の指に入るソリストになった」。井村コーチもこの日の演技に感無量の様子。五輪種目でここまでメダル争いのライバル、ウクライナに0勝2敗と惨敗も、乾が非五輪種目のソロのTR、フリーともにウクライナ選手を上回った。「絶対に勝てない戦いはない」と乾。この勢いで、18日のデュエットフリー決勝でメダルを狙う。 (角かずみ)

  • 銅メダルを獲得し笑顔の乾友紀子=韓国・光州(撮影・恵守乾)
  • ソロ・フリールーティン決勝の演技を終え、歓声に応える乾友紀子=光州(共同)
  • アーティスティックスイミング(AS)ソロ・フリールーティン(FR)決勝演技する乾友紀子=韓国・光州(撮影・恵守乾)
  • アーティスティックスイミング(AS)ソロ・フリールーティン(FR)決勝演技する乾友紀子=韓国・光州(撮影・恵守乾)
  • アーティスティックスイミング(AS)ソロ・フリールーティン(FR)決勝演技する乾友紀子=韓国・光州(撮影・恵守乾)