2019.7.17 09:43

小池祐貴は10秒11 多田修平10秒20「悔しい」/陸上

小池祐貴は10秒11 多田修平10秒20「悔しい」/陸上

男子100メートル(タイムレース) 10秒20(追い風参考)で7位だった多田修平=パドバ(共同)

男子100メートル(タイムレース) 10秒20(追い風参考)で7位だった多田修平=パドバ(共同)【拡大】

 陸上の国際競技会は16日、イタリアのパドバで行われ、男子100メートル(タイムレース)で小池祐貴(住友電工)は追い風1・7メートルで10秒11をマークし2位に入った。多田修平(住友電工)は追い風2・4メートルの参考記録で10秒20の7位だった。

 男子110メートル障害で日本記録を持つ金井大旺(ミズノ)は追い風2・3メートルの参考記録で13秒61の4位、石川周平(富士通)は13秒99で7位だった。400メートル障害の野沢啓佑(ミズノ)は49秒73で4位。(共同)

小池祐貴「自分のレースパターンが分かってきた。最初の20メートルは最下位でも最後の20メートルで勝ちにいく。それを試せて、ある程度手応えをつかめた」

の話「悔しい。まだ自分の満足なレースができていない。どこかで調子を上げるような試合を見つけられたらいい」

石川周平の話(6月末の)日本選手権が終わってからあまりいいコンディションをつくれていない。次戦で記録を出せるように切り替えていきたい」

金井大旺「途中で追い風になったことに対応できず、ハードルを高く跳んでしまった。そこを修正できなかったのが課題」

  • 男子100メートル(タイムレース)10秒11で2位に入った小池祐貴=パドバ(共同)
  • 男子110メートル障害13秒61(追い風参考)で4位だった金井大旺=パドバ(共同)
  • 男子100メートル(タイムレース)で、10秒20(追い風参考)の7位だった多田修平=パドバ(共同)