2019.7.16 12:20

オープンウオーター男子10キロ 豊田ら五輪切符に遠く及ばず/競泳

オープンウオーター男子10キロ 豊田ら五輪切符に遠く及ばず/競泳

特集:
東京五輪
男子10キロ 力泳する豊田壮=麗水(共同)

男子10キロ 力泳する豊田壮=麗水(共同)【拡大】

 水泳の世界選手権第5日は16日、韓国の光州などで行われ、オープンウオーター男子10キロで豊田壮(チームふくい)は1時間50分22秒0の39位、野中大暉(木下グループ)は45位に終わり、ともに10位以内に与えられる東京五輪出場権を逃した。

 豊田と野中は上位争いに加われず、東京五輪出場権に遠く及ばなかった。約1・7キロのコースを6周するレースで、豊田は集団がペースアップした4周目に脱落。「ついていけなかった。自分の力不足」と肩を落とした。

 野中は飛び込んだ直後の位置取りに失敗し、1周目で先頭から30秒以上遅れた。「調子は万全だったが、スタートで前に出られなかった。悔しい」と無念の表情だった。(共同)

  • 男子10キロ力泳する野中大暉=麗水(共同)