2019.7.16 13:00

飛び込みの金戸凜、荒井は準決勝へ OWS豊田は39位、野中45位 世界水泳

飛び込みの金戸凜、荒井は準決勝へ OWS豊田は39位、野中45位 世界水泳

特集:
世界水泳
女子高飛び込み予選 演技する金戸凜=光州(共同)

女子高飛び込み予選 演技する金戸凜=光州(共同)【拡大】

 水泳の世界選手権第5日は16日、韓国の光州などで行われ、女子高飛び込み予選で、15歳の金戸凜(セントラルスポーツ)は333・95点の5位、荒井祭里(JSS宝塚)は304・75点の11位となり、準決勝へ進んだ。

 オープンウオーター男子10キロで豊田壮(チームふくい)は1時間50分22秒0の39位、野中大暉(木下グループ)は45位に終わり、ともに10位以内に与えられる東京五輪出場権を逃した。(共同)

金戸凜の話「パーフェクトな演技じゃない中、5位で準決勝に進め、自分の演技をしたらもっと点がもらえると自信がついた」

荒井祭里の話「緊張して1本目から失敗してしまったが、2本目以降は立て直せた。決勝に進むという意思を強く持ち、準決勝までに修正する」

豊田壮の話「10番に入れず悔しい。海外勢のペースアップのタイミングが予想以上に早かった。もっと経験を積んで頑張りたい」

野中大暉の話「最初の位置取りがうまくいかなかった。力不足以外の何物でもない。もう少しうまく泳げるよう今後のレースに生かしたい」

  • 女子高飛び込み予選演技する金戸凜=光州(共同)
  • 女子高飛び込み予選演技する金戸凜=光州(共同)
  • 女子高飛び込み予選演技する金戸凜=光州(共同)
  • 女子高飛び込み予選演技する荒井祭里=光州(共同)
  • 男子10キロ力泳する豊田壮=麗水(共同)
  • 男子10キロ力泳する野中大暉=麗水(共同)