2019.7.16 05:02

結成5年目の悲願!安部&足立組が銅メダル/アーティス

結成5年目の悲願!安部&足立組が銅メダル/アーティス

混合デュエット・テクニカルルーティン決勝で演技する安部(左)、足立組=光州(共同)

混合デュエット・テクニカルルーティン決勝で演技する安部(左)、足立組=光州(共同)【拡大】

 水泳・世界選手権第4日(15日、韓国・光州)アーティスティックスイミング(AS)の混合デュエット・テクニカルルーティン(TR)決勝で、予選3位の安部篤史(36)、足立夢実(30)組=楓心舘ク=が88・5113点で銅メダルを獲得し、2015年大会から採用の混合種目で日本勢として初めて表彰台に立った。ソロ・フリールーティン(FR)予選の乾友紀子(28)=井村ク=は92・5667点の3位で17日の決勝に進んだ。

 メダルが確定すると2人の頬を涙が伝う。AS混合デュエットTR決勝で安部、足立組が結成5年目にして悲願の表彰台。冒頭のリフト。安部を土台に足立が高々と跳び上がってくるりと回った。「出し切れた」と実感を込めた安部は、女子の主力だった足立の高い技術に追い付こうともがいてきた。足立は“本流”でないとみられがちな非五輪種目の混合への挑戦に葛藤があったが、「全ては達成感に変わった」とうなずいた。

  • ソロ・フリールーティン予選乾友紀子の演技=光州(共同)
  • ソロ・フリールーティン予選乾友紀子の演技=光州(共同)
  • ソロ・フリールーティン予選乾友紀子の演技=光州(共同)
  • ソロ・フリールーティン予選乾友紀子の演技=光州(共同)
  • ソロ・フリールーティン予選演技を終え、歓声に応える乾友紀子=光州(共同)
  • ソロ・フリールーティン予選乾友紀子の演技=光州(共同)
  • ソロ・フリールーティン予選乾友紀子の演技=光州(共同)
  • ソロ・フリールーティン予選乾友紀子の演技=光州(共同)
  • ソロ・フリールーティン予選乾友紀子の演技=光州(共同)
  • ソロ・フリールーティン予選乾友紀子の演技=光州(共同)