2019.4.14 11:24

紀平、来季の演目は「難しい曲を選んでいきたい」/フィギュア

紀平、来季の演目は「難しい曲を選んでいきたい」/フィギュア

特集:
紀平梨花
LOVEフィギュアスケート
来季は新しいプログラムに挑戦する紀平梨花

来季は新しいプログラムに挑戦する紀平梨花【拡大】

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦女子フリーで5位だった紀平梨花(16)=関大KFSC=が演技から一夜明けた14日、会場のマリンメッセ福岡で取材に応じ、来季一新するプログラムについて「私がやりたいものより、始めは難しいような曲、苦手な曲を選んでいきたい」と語った。

 ショートプログラムもフリーも変更する。それぞれの振り付けはシェイリーン・ボーン氏、トム・ディクソン氏が手がける。4回転ジャンプ投入を目指すフリーでは、既に複数の曲を提案されているという。

 シニア1季目はグランプリ・ファイナルで初出場優勝を飾り、10戦7勝で終えた。2022年北京冬季五輪で金メダルを目指す16歳は「五輪までは長い。まだ雲に隠れている感じ」と足元を見つめた。