2019.4.13 21:30

紀平、不発の3回転半は「イメージつかめなかった」/フィギュア

紀平、不発の3回転半は「イメージつかめなかった」/フィギュア

特集:
紀平梨花
LOVEフィギュアスケート
女子フリー ジャンプを失敗する紀平梨花=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)

女子フリー ジャンプを失敗する紀平梨花=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)【拡大】

 フィギュアスケート・世界国別対抗戦最終日(13日、マリンメッセ福岡)女子ショートプログラム(SP)で現行ルールの世界最高得点となる83・97点を出した紀平梨花(16)=関大KFSC=は、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を含め2度の転倒があり、フリー5位の138・37点だった。

 演技後の主な一問一答は以下の通り。

 --振り返って

 「もっともっと引っ張っていけるような演技がしたかった。かなりきつい試合になった。悔いがある」

 --3回転半は

 「(連続技として跳ぶ)2本目は、ばっちり決める自信がなかった。安全に、なんとか決めたいと思った。SPは、はまったけど、イメージがつかめなかった。確率がよくなかった」

 --課題は

 「来季は一番大きな試合で一番の演技をするのが目標。そうしないと五輪で勝つのは難しい。4回転も、どんどん挑戦したい」

 --状態は

 「SPが終わって、体がガチガチで動かなかった。万全な状態に合わせられなかった」

女子FS結果へ

  • 女子フリー演技を終えた紀平梨花=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)
  • 女子フリー演技を終えた紀平梨花=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)
  • 女子フリー演技に臨む紀平梨花=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)
  • 女子フリー演技に臨む紀平梨花=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)
  • 女子フリー演技に臨む紀平梨花=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)
  • 女子フリー演技に臨む紀平梨花=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)
  • 女子フリー演技に臨む紀平梨花=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)
  • 女子フリー演技に臨む紀平梨花=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)
  • 女子フリー演技する紀平梨花=マリンメッセ福岡
  • 女子フリー演技する紀平梨花=マリンメッセ福岡