2019.4.13 14:59

宇野昌磨、クリムキンイーグルでファン魅了 前人未到の大技も/フィギュア

宇野昌磨、クリムキンイーグルでファン魅了 前人未到の大技も/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
宇野昌磨
公式練習に臨む宇野昌磨=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)

公式練習に臨む宇野昌磨=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)【拡大】

 フィギュアスケート・世界国別対抗戦 最終日(13日、マリンメッセ福岡)男子フリーで3位だった宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=が、14日のエキシビションに向けて会場で練習を行い、フリーでは不発だったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)-4回転トーループを着氷させた。

 前人未到の連続技はフリーで認定はされたものの、2本目で転倒して成功とはならなかった。シーズン最終戦を終えた前夜、「何年もかけて武器にできたらいい」と話していた。

 来季の5回転挑戦に意欲をのぞかせる宇野は、まだ試合で決めたことがない4回転ルッツの練習も行った。最後には田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)、ビンセント・ゾウ(米国)とともに両脚を180度開いて上体を反らせて滑るクリムキンイーグルを披露。練習を見守ったファンを魅了して締めくくった。

  • 公式練習で転倒した宇野昌磨を起き上がらせる田中刑事=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)