2019.4.13 13:21

紀平、公式練習で3回転半9度着氷 世界最高得点更新へ今季最後のフリー/フィギュア

紀平、公式練習で3回転半9度着氷 世界最高得点更新へ今季最後のフリー/フィギュア

特集:
紀平梨花
公式練習に臨む紀平梨花=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)

公式練習に臨む紀平梨花=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)【拡大】

 フィギュアスケート・世界国別対抗戦 最終日(13日、マリンメッセ福岡)女子ショートプログラム(SP)でルール改正後の世界最高得点となる83・97点を出し、首位となった紀平梨花(16)=関大KFSC=が、午後のフリーに向けて会場で公式練習に臨み、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を9度着氷させた。

 世界女王のアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=が持つ、フリー158・50点と合計238・43点の世界最高得点更新の期待が懸かる。2本組み込む代名詞の出来が、浮沈の鍵を握る。午後6時32分開始予定の最終滑走で、今季ラストのフリーに挑む。

  • 公式練習に臨む紀平梨花=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)
  • 公式練習に臨む紀平梨花=マリンメッセ福岡(撮影・村本聡)