2019.3.18 05:02

山西V!世陸切符ゲット 京大卒の知性派メガネウオーカーが五輪へ一歩前進/陸上

山西V!世陸切符ゲット 京大卒の知性派メガネウオーカーが五輪へ一歩前進/陸上

京大出身の山西が初優勝し、世界選手権の切符をつかんだ。東京五輪出場へ、一歩前進だ 

京大出身の山西が初優勝し、世界選手権の切符をつかんだ。東京五輪出場へ、一歩前進だ 【拡大】

 陸上・全日本競歩能美大会(17日、石川・能美市日本陸連公認コース)今秋ドーハで行われる世界選手権の代表選考会。男子20キロは昨年のジャカルタ・アジア大会銀メダルの山西利和(23)=愛知製鋼=が、世界歴代4位となる1時間17分15秒で初優勝した。1時間20分0秒の派遣設定記録を満たし、代表に決まった。

 雨と寒さの悪条件に見舞われたレースで、23歳の山西がドーハ行きの切符をつかんだ。青縁メガネがトレードマークで京大工学部卒の“IQウオーカー”は、かぶっていた帽子を地面にたたきつけて喜びを爆発させた。

 「世界一を決める戦いのスタートラインにようやく立てる」

 スタート時の気温は5度を下回った。レース前に定めた勝負どころは「ラスト2キロ」。世界記録を保持する鈴木雄介の仕掛けに対処しながら体力を温存。大学生2人との争いとなったラスト1周でスピードを上げた。

 2月の日本選手権は最終盤のスパート勝負で屈した。大会前の合宿では疲労の中でのギアチェンジを猛特訓。「ひたすらそこだけを意識して取り組んできた」。思い描いたレースプランで雪辱した頭脳派は、世界でも緻密に歩みを刻む。

  • 男子20キロで1時間17分15秒をマークし、初優勝した山西利和=石川県能美市
  • 男子20キロレース終盤で競り合う山西利和(中央)=石川県能美市
  • 男子20キロで1時間17分15秒をマークし、初優勝した山西利和=石川県能美市
  • 男子20キロレース中盤で競り合う優勝した山西利和(右から2人目)ら=石川県能美市
  • 男子20キロレース序盤で競り合う優勝した山西利和(中央)ら=石川県能美市
  • 男子20キロでゴールする2位の川野将虎(左)と3位の池田向希=石川県能美市
  • 男子20キロで初優勝し、表彰式で笑顔を見せる山西利和(左)。中央は2位の川野将虎、右は3位の池田向希=石川県能美市
  • 男子20キロで初優勝し、記者会見で笑顔を見せる山西利和=石川県能美市