2019.3.15 14:28

村上茉愛、日体大卒業式であいさつ「4年間で学んだこと一つも無駄にせず精進」/体操

村上茉愛、日体大卒業式であいさつ「4年間で学んだこと一つも無駄にせず精進」/体操

日体大学卒業式 卒業式後囲み取材をうける体操の村上茉愛=東京都世田谷区(撮影・今野顕)

日体大学卒業式 卒業式後囲み取材をうける体操の村上茉愛=東京都世田谷区(撮影・今野顕)【拡大】

 体操女子の村上茉愛(22)が15日、東京都内で行われた日体大の卒業式に出席した。卒業生代表としてあいさつし、「東京五輪でのメダル獲得に向けて、この4年間で学んだことを一つも無駄にせず、一日一日を精進していきたい」と決意を込めた。

 美容師の母・英子さんに着付けしてもらった深緑を基調とした花柄の振り袖に、黒のはかまを身にまとった。同学年で体操男子の白井健三、プロ野球・西武の松本航投手、ロッテの東妻勇輔投手らも出席した中で大役を務め、「1人しかできない貴重な経験。一生の思い出になった」と声を弾ませた。

 4月以降も引き続き日体大を拠点に競技を続け、これまで同様に瀬尾京子監督に師事する。スポンサー契約を結ぶイタリア製熟睡寝具ブランド「マニフレックス」などの支援を受けながら活動する。次戦は4月の全日本選手権(26日開幕、高崎)で4連覇を狙う。

  • 日体大学卒業式卒業生代表挨拶をおこなった体操の村上茉愛=東京都世田谷区(撮影・今野顕)
  • 日体大学卒業式卒業生代表挨拶を読み上げる体操の村上茉愛=東京都世田谷区(撮影・今野顕)
  • 日体大を卒業した(左から)プロ野球ロッテ・東妻、西武・松本、体操の村上、白井=東京都世田谷区(撮影・今野顕)
  • 日体大卒業式理事長賞を受賞してオリーブ冠をかぶり表彰状をかかげる(左から)プロ野球ロッテ・東妻、西武・松本、体操の村上、白井=東京都世田谷区(撮影・今野顕)
  • 日体大卒業式理事長賞を受賞した西武・松本=東京都世田谷区(撮影・今野顕)