2019.3.11 05:04(1/2ページ)

福士、滑り込みでMGC切符!転倒棄権の大阪国際から中41日「やっと取ったわ~」/マラソン

福士、滑り込みでMGC切符!転倒棄権の大阪国際から中41日「やっと取ったわ~」/マラソン

8位でゴールし、MGC出場権を獲得した福士は一安心。大阪国際のアクシデントから短期間で復活した(撮影・鳥越瑞絵)

8位でゴールし、MGC出場権を獲得した福士は一安心。大阪国際のアクシデントから短期間で復活した(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 名古屋ウィメンズマラソン(10日、ナゴヤドーム発着)2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」=9月15日=の出場権を争うシリーズ最終戦。大阪国際の途中棄権から中41日で臨んだ36歳の福士加代子(ワコール)が日本勢2位の2時間24分9秒で8位となり、日本陸連が定めた基準(日本勢1-3位で2時間28分以内)を満たしてMGC切符をつかんだ。既にMGC出場を決めている岩出玲亜(24)=アンダーアーマー=が日本勢最高の5位だった。

 ラストチャンスを死守した。途中棄権した1月の大阪国際から中41日の強行軍で、36歳の福士が滑り込みで東京五輪代表選考会へ。レース後のインタビューで声高らかに叫んだ。

 「(MGC切符)いただきま~す!! やっと取ったわ~。転ばなかったらいけるんでしょう」

 気温11度で雨がちらつく好条件下、アフリカ勢が引っ張る先頭集団で小気味良くペースを刻む。37キロ過ぎで口が開き、41キロ手前で岩出にかわされたが、強行出場の影響は感じさせない。五輪4大会連続出場を誇るベテランは冷静に11度目のマラソンを駆け抜け、ゴールテープを切ると破顔一笑した。

 「『やるときはやるな』と。改めて負けん気の強さを見た」と父・正幸さん(69)。大阪国際では海外選手と接触して転倒し、両膝から流血。膝と肘に打撲を負い、練習再開はレースの2週間後だった。調整期間は実質1カ月。土俵際から巻き返した背景には、2年前に結婚した競技への造詣が深い夫(名前は非公表)の存在がある。「精神面で身近に頼りにできる人がいる。楽になったんじゃないか」。正幸さんは娘の胸の内を代弁する。

【続きを読む】

  • 福士加代子・マラソン全成績
  • 福士加代子・五輪全成績
  • 上位成績
  • 名古屋国際ウィメンズマラソン・上位成績
  • ナゴヤドームのゴール地点で笑みを広げる福士。36歳の力走に拍手が注がれた(撮影・鳥越瑞絵)
  • ゴール後に笑顔を見せる福士加代子。MGC出場権を獲得した=ナゴヤドーム
  • ゴール後に笑顔を見せる福士加代子。MGC出場権を獲得した=ナゴヤドーム
  • MGC出場権を獲得し、笑顔を見せる福士加代子=ナゴヤドーム
  • MGC出場権を獲得し、表彰式で笑顔を見せる福士加代子=ナゴヤドーム
  • 名古屋ウィメンズマラソンスタート直前に笑顔を見せる福士加代子(9)、前田彩里(10)と岩出玲亜(11)ら=名古屋市内(撮影・鳥越瑞絵)
  • 名古屋ウィメンズマラソン20キロ付近を走る福士加代子(9)らトップ集団=名古屋市内(撮影・鳥越瑞絵)
  • 8位でゴールし、MGC出場権を獲得した福士加代子=ナゴヤドーム(撮影・鳥越瑞絵)