2019.3.10 19:10

旭化成、MGC出場権逃す リオ五輪代表の佐々木「いろいろ考えないと」/マラソン

旭化成、MGC出場権逃す リオ五輪代表の佐々木「いろいろ考えないと」/マラソン

33位に終わりMGC出場権を逃した佐々木悟=大津市皇子山陸上競技場

33位に終わりMGC出場権を逃した佐々木悟=大津市皇子山陸上競技場【拡大】

 2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」出場権を懸けたびわ湖毎日マラソンは10日、大津市皇子山陸上競技場を発着点に行われ、チームで1人もMGC出場権を得ていない旭化成は、本田匠が31位、佐々木悟も33位に終わるなど今大会も届かなかった。

 元日の全日本実業団対抗駅伝で3連覇を果たした旭化成は、今大会でもMGC出場権を逃した。2016年リオデジャネイロ五輪代表の佐々木は「この結果を見つめ直して、いろいろ考えないと」と落胆した。

 佐々木は先頭集団でレースを展開したが、折り返した直後から失速。「前半は余裕があったけど…。急にきつくなって、立て直せなかった」と悔やんだ。実業団駅伝で3年連続の区間賞を獲得した実力者、市田宏も49位に沈み「脚が動かなかった。チームとして取れなくて残念」と言葉少なだった。