2019.3.10 13:14

前田彩里、MGC切符獲得に「ほっとしている」/名古屋ウィメンズマラソン

前田彩里、MGC切符獲得に「ほっとしている」/名古屋ウィメンズマラソン

名古屋ウィメンズマラソン 10位でゴールする前田彩里=ナゴヤドーム(撮影・鳥越瑞絵)

名古屋ウィメンズマラソン 10位でゴールする前田彩里=ナゴヤドーム(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 名古屋ウィメンズマラソン(10日、名古屋ドーム発着)2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月15日)の出場権を懸けて行われ、15年大会で日本勢トップの2位だった前田彩里(27)=ダイハツ=が2時間25分25秒で日本勢4位で全体10位となり、日本陸連が定める条件を満たしてMGC切符を獲得した。

 前田は「最低限、MGC出場権を取ることが目標だった。その点は、ほっとしている」と胸をなでおろした。

 5キロ17分10秒-15秒のペースを刻む、2段階に分かれたうちの後方のペースメーカーに付き、確実にMGC切符をつかみにいった。

 林清司監督が「これが前田彩里の力ではない」と言えば、「(準備段階の)出来は7割だった。まだ、やれることはたくさんある」と前田。晩夏の五輪代表一発選考に向けて表情を引き締めた。

  • スタートする福士加代子(9)、前田彩里(10)、岩出玲亜(11)、上原美幸(12)ら=名古屋市