2019.3.7 10:00

ザギトワ、秋田訪問断念 マサルの検疫間に合わず/東北スポーツ

ザギトワ、秋田訪問断念 マサルの検疫間に合わず/東北スポーツ

特集:
LOVEフィギュアスケート
東北スポーツ
贈られた秋田犬の子犬を抱く、笑顔のアリーナ・ザギトワ選手=2018年5月、モスクワ(共同)

贈られた秋田犬の子犬を抱く、笑顔のアリーナ・ザギトワ選手=2018年5月、モスクワ(共同)【拡大】

 秋田犬保存会が、3月下旬にさいたま市で開かれるフィギュアスケート世界選手権に出場するアリーナ・ザギトワ選手を、贈呈した秋田犬マサルとともに選手権前後に秋田県に招こうと選手側に申し入れ了承を得ていたが、マサルの検疫が間に合わず招待を見送ったことが6日、分かった。

 秋田はマサルの故郷。保存会会長で日本維新の会の遠藤敬衆院議員によると「秋田を訪れたい」という選手の意向をロシアのフィギュアスケート連盟から伝えられ調整。しかし、検疫手続きに時間がかかるため、選手側とともに、今回の訪問は難しいと判断した。遠藤氏は「今回は残念だが、地元も盛り上がるので近いうちに実現させたい」と意気込んだ。