2017.4.22 19:36

羽生、4回転3種類の構成変えず来季へ 五輪後の進退は「決めていません」/フィギュア

羽生、4回転3種類の構成変えず来季へ 五輪後の進退は「決めていません」/フィギュア

特集:
羽生結弦
公式練習 4回転ルッツジャンプの着氷で何とか持ちこたえる羽生結弦=東京・国立代々木競技場(撮影・納冨康)

公式練習 4回転ルッツジャンプの着氷で何とか持ちこたえる羽生結弦=東京・国立代々木競技場(撮影・納冨康)【拡大】

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦男子フリーで1位になった羽生結弦(ANA)と2位になった宇野昌磨(中京大)が一夜明けた22日、取材に応じ、今季最終戦を終えた羽生は平昌冬季五輪シーズンの来季に向け、現在のトーループ、サルコー、ループの4回転ジャンプ3種類で完成度を高める意向を示した。五輪後の進退も問われたが「決めていません」と話すにとどめた。

 22日の練習では今季は演目に組み込まなかった4回転ルッツに9度挑み、1度着氷した。しかし「構成を大きく変える予定はまずない」と新たな大技挑戦はひとまず封印し、現在の3種類で「より良い形にしたい」と磨き上げるという。

 世界王者に返り咲いた今季はショートプログラム、フリー両方でミスのない演技をそろえた大会がなかった。前日のフリーでは後半の3度を含む5度も4回転に挑み「久しぶりに難しいことに挑戦している自分がいて、すごく楽しかったのも五輪前にいい収穫になった」と語った。

  • 公式練習エキシビションの練習を行う羽生結弦=東京・国立代々木競技場(撮影・納冨康)
  • 公式練習エキシビションの練習を行う羽生結弦=東京・国立代々木競技場(撮影・納冨康)
  • 公式練習ジャンプの練習をする羽生結弦=東京・国立代々木競技場(撮影・納冨康)
  • 公式練習言葉をかわす羽生結弦と宇野昌磨=東京・国立代々木競技場(撮影・納冨康)
  • 公式練習エキシビションの練習を行う羽生結弦=東京・国立代々木競技場(撮影・納冨康)
今、あなたにオススメ
Recommended by