2020.6.5 20:11

Jリーグ、商工中金との「長期借入枠」を新たに承認 三菱UFJ銀行に続くコミットメントラインを設定

Jリーグ、商工中金との「長期借入枠」を新たに承認 三菱UFJ銀行に続くコミットメントラインを設定

Jリーグ、商工中金との「長期借入枠」を新たに承認 三菱UFJ銀行に続くコミットメントラインを設定

Jリーグ、商工中金との「長期借入枠」を新たに承認 三菱UFJ銀行に続くコミットメントラインを設定【拡大】

 Jリーグは5日、第3回臨時理事会を開催し、商工中金(株式会社商工組合中央金庫)との間で、「Jクラブの運営をサポートする長期借入枠」を新たに承認したと発表した。これに先立ち4月28日には、三菱 UFJ 銀行 (株式会社三菱 UFJ 銀行)とリーグの運転資金やクラブへの配分金支払い等に関する同様なコミットメントライン契約の理事会決議を行っていたことも発表した。

 コミットメントラインとは、企業に資金調達の必要あった場合に、あらかじめ設定した期間・融資枠の範囲内で、いつでも借り入れが可能になる契約のこと。リーグは「融資の実行を要請しているものではなく、リスク対応のための融資枠の設定にとどまります」とし、両案件ともに契約金額、契約期間等の内容は非公表としている。

 これら両行による融資枠の設定により、リーグ戦安定開催融資制度に対応した融資の財源として、資金融資の体制が整ったことになる。

 村井満チェアマンのコメントは以下のとおり。

 「このたび、商工中金様との間で、Jクラブへの機動的な資金融資枠の設定に合意いただいたことを大変ありがたく思っております。また、先般一早くご支援を申し出ていただいた三菱UFJ銀行様との資金融資枠の設定を合わせみると、Jリーグ本体のみならず、Jクラブにおいても一定程度のリスク対応のためのバックアップラインが確保できたと考えており、改めて両金融機関様へ多大なる感謝を申し上げます」(Goal.com)