2020.3.30 02:24

バルセロナ、新型コロナウイルスによって約120億円の減収か…その内訳は?

バルセロナ、新型コロナウイルスによって約120億円の減収か…その内訳は?

バルセロナ、新型コロナウイルスによって約120億円の減収か…その内訳は?

バルセロナ、新型コロナウイルスによって約120億円の減収か…その内訳は?【拡大】

 バルセロナは新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、1億ユーロ(約120億円)の減収を強いられる可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

 スペインのレイオフ、ERTEの行使に向けて動いているバルセロナだが、その背景には今季予算の10%にあたる1億ユーロの減収の可能性があるという。

 その内訳だが、もし今季にフットボールの大会が再開されないと想定した場合には、スタジアムの入場料収入、チャンピオンズリーグ出場権獲得の収入、まだ受け取っていないテレビ放映権収入があり、またクラブ・ミュージアムの入場料収入、ショップの物販収入、フットボール・スクールの収入もそこに加えられる。

 例えば、昨季バルセロナはスタジアムの入場料収入(一般席&VIPゾーン)として9300万ユーロ(約108億円)を得たが、1試合における平均収入は330万ユーロ(約4億円)ということになる。これに鑑みて、今季のリーガ・エスパニョーラとチャンピオンズリーグ(準々決勝まで進んだと想定)の残り試合が延期、または無観客で行われることになった場合には、2640万ユーロ(約32億円)をあきらめることに。さらにテレビ放映権収入に関して、バルセロナはすでに同収入の85%の額を受け取っているが、残りの2500万ユーロ(約30億円)と、チャンピオンズリーグのマーケットプールから得られる額をあきらめざるを得なくなる。

 そしてクラブ・ミュージアムの入場料収入、ショップの物販収入、フットボール・スクールの収入などについては、スペインが非常事態宣言を解き、通常の生活に戻れるか否かに依存することに。バルセロナは昨季、以上の分野で6000万ユーロ(約72億円)の収入を得得ていたが、今季はその収入が1500万ユーロ(約18億円)減る可能性がある。バルセロナはこうした状況を受けてERTEの行使に向かい、パンデミック下において、選手たちの月給を70%カットすることを目指しているようだ。(Goal.com)