2020.3.29 17:12

フォルラン「ボカでプレーしてほしい」PSGと契約満了間近、後輩カバーニの南米帰還を期待

フォルラン「ボカでプレーしてほしい」PSGと契約満了間近、後輩カバーニの南米帰還を期待

フォルラン「ボカでプレーしてほしい」PSGと契約満了間近

フォルラン「ボカでプレーしてほしい」PSGと契約満了間近【拡大】

 ウルグアイの英雄ディエゴ・フォルランが、後輩エディンソン・カバーニについて言及した。

 カバーニは2020年6月でパリサンジェルマン(PSG)との契約が満了となる。冬の移籍市場ではAマドリード行きのうわさも浮上していたが実現せず、ウルグアイ代表FWは契約満了までPSGで過ごす見通しとなった。

 このままだと夏にカバーニはフリーでの移籍が可能となるが、同胞の先輩フォルランはアルゼンチンのラジオ局『Radio Del Plata』の番組内で、次のような見解を示した。

 「エディンソンには、ボカ(ジュニオルス)でプレーしてくれることを期待している。彼はフットボール界でエリートの一人だからね。ただ、まだトップレベルでプレーできるFWだから、サラリー的に実現は難しいかもしれないけどね」

 「やっぱりボカとリーベル(プレート)は南米出身の選手にとって特別なクラブだ。国内だけでなく南米最高峰のタイトルを争う伝統的なチームでもある。彼らはヨーロッパのメガクラブに匹敵するだけの名声を手にしているからね」

 フォルランは盟友カバーニについて「難しいのは承知しているけど、やっぱり南米に戻ってきてプレーしてほしいな。もしそれが実現したら美しい挑戦になるだろう」と、語っている。

 現在ペニャロールで指揮官を務めているフォルラン。112キャップをマークしたウルグアイ代表では、8歳年下のカバーニと長らくコンビを組んだ。カバーニも現在33歳とキャリアの晩年に入りつつあるが、先輩フォルランはかつての盟友について、南米に戻ってきてほしいと見ているようだ。(Goal.com)