2020.3.28 11:51

エジル代理人がトルコ行きを否定せず「彼は今ハッピーだが、移籍の予測は不可能」

エジル代理人がトルコ行きを否定せず「彼は今ハッピーだが、移籍の予測は不可能」

エジル代理人がトルコ行きを否定せず「彼は今ハッピーだが、移籍の予測は不可能」

エジル代理人がトルコ行きを否定せず「彼は今ハッピーだが、移籍の予測は不可能」【拡大】

 メスト・エジルの代理人を務めるエルクト・ソグト氏は、同選手のアーセナル退団を否定しなかった。

 2013年にRマドリードからアーセナルに加入したエジル。サポーターや解説陣、メディアからさまざまな評価を下され、しばしば退団の可能性が報じられるも、ノースロンドンのクラブで7シーズン目を戦い、ミケル・アルテタ監督の就任以降、主力としてプレーする。

 しかし、今夏でクラブとの契約が12カ月を切るエジルに対して、トルコの強豪フェネルバフチェが興味を持つと報じられ、移籍の可能性が浮上。これを受け、『Goal』の取材に応じたソグト氏はクライアントの去就について「フットボール界のことは誰にもわからない。第一に、選手の移籍に関して予測することなんて不可能だ」と退団の可能性を否定することはせず、続けた。

 「彼は今いるアーセナルで本当にハッピーだ。私は何度もこのように言ってきたし、再び同じことを強調する。それに、まだ契約も残っているし、それに関して言えば何も変わらない。契約が切れたときに今後のことはわかるだろう。ただし、今の段階で言えば(去就に関してのことは)何もないと言い切れる」

 また、昨夏のエジルとセアド・コラシナツが遭遇した強盗未遂事件についても代理人の育成に携わる同氏は言及。不測の事態が起きた際には、代理人とクラブの関りが非常に重要になると話し「あのようなことが起きた場合、代理人はクラブに掛け合い、選手の安全とできる限り早期にフットボールに集中できる最善の策を求める必要がある」とエージェントのあり方についても自身の考えを示した。(Goal.com)