2020.3.28 14:46

磐田FW小川航基、裏抜けで好機演出も決定力不足を嘆く…静岡ダービーで逆転負け

磐田FW小川航基、裏抜けで好機演出も決定力不足を嘆く…静岡ダービーで逆転負け

磐田FW小川航基、裏抜けで好機演出も決定力不足を嘆く…静岡ダービーで逆転負け

磐田FW小川航基、裏抜けで好機演出も決定力不足を嘆く…静岡ダービーで逆転負け【拡大】

 ジュビロ磐田は28日、IAIスタジアム日本平で清水エスパルスとトレーニングマッチを行い、1・2本目(45分×2本)は2-3で敗れた。この一戦で先制弾を挙げたFW小川航基がフラッシュインタビューで収穫と課題を口にしている。

 立ち上がりから優勢気味に入った磐田は、35分に裏に抜け出した小川航基がGKをかわして先制点を獲得。1度は同点に追いつかれたものの、80分にはルリーニャのクロスに伊藤洋輝が頭で合わせて勝ち越しに成功する。しかし終盤、清水に一挙2ゴールを許し、痛恨の逆転負けを喫した。この試合で小川は後半途中に足を痛めて交代を余儀なくされている。

 小川は試合を振り返り「前半にもっとチャンスはありましたし、僕が決められていたらどうなっていたか分からない」とし、先制点を決めたなかでも「決して満足はできる内容ではなかった。「決定力というところで決めきるところで決めきらないと勝てない」と悔しさを滲ませた。

 一方で、ルーキーの三木直土と組んだ2トップについては「関係性は良かった。裏に抜ける動きで何度もチャンスを作れていた」と収穫を口に。「次はしっかり2トップでゴールを取りたい」と決定力向上を誓った。

 磐田は昨季途中にスペイン人のフェルナンド・フベロ監督が就任。チームは降格したものの、今季も引き続き指揮を執っている。そんななかでJ2開幕戦のモンテディオ山形戦では、小川の2ゴールで完封勝ち。絶好のスタートを切っていた。

 小川は「監督の求めること、やりたいサッカーを理解して山形戦はいいプレーができていた。これからもっと良くなるんじゃないかと手応えを感じています」と話し、「この期間でしっかりいい準備をして、チームの精度を高めて開幕戦よりもいいパフォーマンスを出していきたい」と意気込んだ。

 Jリーグは新型コロナウイルスの影響で中断を余儀なくされている。小川は「非常にもどかしい気持ちでいると思う」とファン・サポーターの気持ちを案じつつ、「今この期間でしっかり力をつけて、再開したときにいいチームになるようにしたいので、これからも応援をよろしくお願いします」と声援を呼びかけていた。(Goal.com)