2020.3.27 17:11

Jリーグ、75%以上消化などで成立 日程発表4月8日めど

Jリーグ、75%以上消化などで成立 日程発表4月8日めど

 Jリーグは27日、クラブ代表者による臨時の実行委員会をウェブ上で開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2月下旬から中断している今季のリーグ戦は、全試合の75%以上かつ各クラブが50%以上を消化すれば大会が成立するとの基準で合意した。満たない場合は昇格や賞金はない。

 J1は5月9日、J2は同2日の再開、J3は4月25日の開幕を目指す新たな日程は4月8日をめどに発表する。各クラブで試合消化数にばらつきが出た場合の順位決定方式は未定。J2、J3からは上位カテゴリーのライセンスを持つ1、2位が昇格し、昇格プレーオフは開催しない。

 新型コロナウイルスの影響で資金繰りが悪化したクラブへの新たな融資制度の骨子も固めた。「リーグ戦安定開催融資」で準備していた10億円を原資とし、勝ち点10減などの罰則は適用せず、返済も3年の猶予とした。クラブライセンスも例外的に基準を緩和して交付するよう検討する。