2020.3.25 18:13

「残念ではあるが、命が大切」アラダイス氏、プレミアリーグ中止を提案

「残念ではあるが、命が大切」アラダイス氏、プレミアリーグ中止を提案

「残念ではあるが、命が大切」アラダイス氏、プレミアリーグ中止を提案

「残念ではあるが、命が大切」アラダイス氏、プレミアリーグ中止を提案【拡大】

 プレミアリーグ数クラブの指揮官を歴任したサム・アラダイス氏は、今季のリーグ戦は中止にすべきと考えているようだ。

 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。イギリスでも甚大な被害をもたらしており、ここ数週間で感染が拡大。すでに6650人が陽性反応を示し、死者は335人に達した。これを受け、ボリス・ジョンソン首相は外出禁止令を発表する事態に至っている。

 サッカー界も大きな影響を受けており、複数の現役選手や監督、スタッフなどが感染。13日からプレミアリーグ及びイングランド国内の試合は中断され、さらに中断期間は4月30日まで引き延ばされている。

 そんな状況に、アラダイス氏は『Sky Sports』でシーズン中止を提案している。

 「シーズンを中止し、来シーズンを再開を見据えるべきだという大きな不安がある。NHS(国民保健サービス)がどれだけ緊迫しているか、そして誰もが自身を守るために自宅で待機しなければいけない状況で、どうやってシーズンを終えるつもりなのかわからない」

 「ウイルスは急速に広がっている。多くの命を奪うことになるだろう。それを止めるためには隔離しかないんだ」

 そして、リバプールにも言及。現在2位に25ポイント差をつけ、残り2試合でプレミアリーグ初制覇が決まる可能性がある同チームにとって、中止は「悲しいこと」としつつも、何よりも命を守ることを優先すべきと説いた。

 「多くのチームにとっては、非常に残念なことになるだろう。プレミアリーグではリバプールが首位を走り、素晴らしいシーズンを過ごしてきた。だが命が大切であり、それよりも重要なことは何もない」(Goal.com)