2020.3.24 12:51

“ゲーマー”アセンシオに敵なし。リーガ選手ゲーム大会、Rマドリード使用で圧倒

“ゲーマー”アセンシオに敵なし。リーガ選手ゲーム大会、Rマドリード使用で圧倒

“ゲーマー”アセンシオに敵なし。リーガ選手ゲーム大会、Rマドリード使用で圧倒

“ゲーマー”アセンシオに敵なし。リーガ選手ゲーム大会、Rマドリード使用で圧倒【拡大】

 Rマドリードに所属するスペイン代表FWマルコ・アセンシオが、ラ・リーガ主催の『FIFA20』トーナメントで優勝した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、無期限の中断となっているスペインサッカー。リーガはチャリティを目的とし、それぞれ所属クラブから選手が実際に自チームを使って、TVゲーム『FIFA20』上で優勝を争うトーナメントを開催した。これは、有名eスポーツキャスターであるイバイ・リャノス氏が提案したことから始まった。

 そして実際の大会では、マルコ・アセンシオ(Rマドリード)やマルコス・ジョレンテ(Aマドリード)、カルロス・ソレール(バレンシア)、アドナン・ヤヌザイ(Rソシエダード)ら有名選手たちが参戦。Rマドリードを使用して1回戦から2-0、5-1、7-0と圧勝し続けたアセンシオは、決勝でアイトール・ルイバル(レガネス)と相まみえた。ここでも4-2と強さを見せつけたアセンシオが、見事に優勝を果たした。

 チーム総合値が高いため有利だったとはいえ、圧巻の強さで優勝したアセンシオは「誰もが難しい時期を過ごしている中、楽しい時間を共有して、寄付に参加してもらうという目的が達成できて良かった。素晴らしい大会だったね」と感想を述べた。

 今回のトーナメントで集められた14万ユーロ(約1670万円)の寄付金は、新型コロナウイルス感染の支援としてUNICEFに寄付される。(Goal.com)