2020.3.23 07:21

キエッリーニ、ブッフォン、マテュイディが来季もユーヴェでプレーへ 契約延長で合意か

キエッリーニ、ブッフォン、マテュイディが来季もユーヴェでプレーへ 契約延長で合意か

キエッリーニ、ブッフォン、マテュイディが来季もユーヴェでプレーへ 契約延長で合意か

キエッリーニ、ブッフォン、マテュイディが来季もユーヴェでプレーへ 契約延長で合意か【拡大】

 ユベントスがベテラン3選手と契約延長で合意したようだ。イタリア『コリエレ・ディ・トリノ』が報じた。

 今シーズン、セリエA9連覇を目指し、新型コロナウイルスによって中断するまでリーグ戦首位に立つユベントス。シーズン打ち切りや6月を過ぎてでも続行する可能性が浮上する中、ジョルジョ・キエッリーニ、ブレーズ・マテュイディ、ジャンルイジ・ブッフォンが6月30日に契約満了を迎える。

 3選手の将来が不透明とされる中、同メディアによると、ユベントスは契約延長を準備し、同選手らと合意に至ったようだ。今シーズン序盤に膝靭帯の重傷を負った主将のキエッリーニと2021年6月末までの契約を締結する見込み。8月に36歳の誕生日を迎える同選手は、来夏に現役続行か引退を決断すると考えられている。

 また、昨夏にパリサンジェルマンからユベントスに復帰した42歳のブッフォンも同じく1年の契約延長を結ぶ模様。まだまだキャリアに終止符を打つ意思はないようで、状態も良く少なくともあと1年はトリノでプレーを続ける。

 先日にユベントス2人目の選手として新型コロナウイルスに感染したマテュイディも残留が濃厚だ。今春に33歳になるフランス代表MFは、クラブからの信頼も厚く、1年の契約延長オプションを行使することで合意した様子だ。

 さらに、ユベントスが契約延長交渉に挑むのはパウロ・ディバラ。他の選手と比較して容易く交渉を進められないようだが、アルゼンチン代表FWはこれからもトリノでのプレー続行を望むと考えられている。なお、サラリーも1000万ユーロ(約12億円)にまで引き上げられるようだ。(Goal.com)