2020.3.22 07:25

ACミランのレジェンド、マルディーニが新型コロナ陽性 

ACミランのレジェンド、マルディーニが新型コロナ陽性 

ACミランのレジェンド、マルディーニが新型コロナ陽性

ACミランのレジェンド、マルディーニが新型コロナ陽性【拡大】

 ACミランは、ディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏と息子のダニエルから新型コロナウイルスの陽性反応が検出されたことを発表した。

 昨年末に中国で確認されて以降、爆発的な勢いで全世界に感染を広げる新型コロナウイルス。中でもイタリアは、感染者が5万3000人を超し、死者も間もなく5000人に達しようとするなど予断を許さない状況が続く。この影響はフットボール界にも及び、9日にセリエAを含むリーグ戦の中断が他の欧州5大リーグに先立ち発表された。

 国内で感染者が相次ぐ中、ユベントスDFダニエレ・ルガーニがセリエAの選手として最初の感染者となり、その他にも吉田麻也が所属するサンプドリアやフィオレンティナからも新型コロナウイルスの陽性反応が確認されていた。

 そして21日、今度はセリエAの名門ACミランから新型コロナウイルスに関するニュースが飛び込む。公式ウェブサイトでは「クラブのテクニカルディレクター、パオロ・マルディーニが後にコロナウイルス陽性結果を受けた人物と接触したことがわかり、彼自身もウイルスの症状を来した。昨日にスワブ検査を受け、結果は陽性だった。彼の息子で、ファーストチームの練習に参加するユースチームのFWダニエルからも陽性結果が確認された」と発表。

 続けて「パオロとダニエルは元気で、他人と接触することなく14日間の隔離を完了していた。しかし、保健局が掲げるプロトコルに従い、症状が回復するまで引き続き隔離される」と声明を出している。

 ACミランの黄金期を支えたレジェンドである51歳のパオロ氏は、凋落する古巣を救うべく昨夏に現職のテクニカルディレクターに就任。一方、偉大な父の血を引く18歳のダニエルは、2月上旬のヴェローナ戦でセリエAデビューを飾ったばかりだった。(Goal.com)