2020.3.17 13:57

バイエルンが指揮官フリック&複数の主力と契約延長へ…元会長が認める

バイエルンが指揮官フリック&複数の主力と契約延長へ…元会長が認める

バイエルンが指揮官フリック&複数の主力と契約延長へ…元会長が認める

バイエルンが指揮官フリック&複数の主力と契約延長へ…元会長が認める【拡大】

 Bミュンヘンがハンジ・フリック監督や主力選手らとの契約延長に向けて動き出しているようだ。

 昨年11月、バイエルンは成績不振を理由にニコ・コバチ監督を解任し、暫定的にフリック監督にチームを託す。するとチームは復調し、ブンデスリーガ8連覇に向けて首位に浮上する。また、チャンピオンズリーグ(CL)でも準々決勝進出に大きく近づくなどの好成績を残すなか、同指揮は今シーズン終了までの契約を勝ち取った。

 しかし、フリック監督の来シーズン以降は現段階で未定で、一部ではマンチェスターUからのアプローチが報じられている。去就に関する憶測が飛び交うなか、元会長のウリ・ヘーネス氏はドイツ『sport1』で「私はこのことに関して何も言えない。首脳陣が決めることになる」と前置きし、クラブが新契約を準備していることを示唆した。

 「ハンジ・フリックは今のところ最高の仕事をしていると思う。どこかのタイミングで、クラブの理事会は新たな提案とともに監査会にアプローチをしてくるだろう。近い将来に間違いなく起きるはずだ」

 また、ヘーネス氏は契約満了が近づく選手たちにも言及。マヌエル・ノイアー、トーマス・ミュラー、ジェローム・ボアテング、ダヴィド・アラバ、チアゴ・アルカンタラ、ハビ・マルティネスが残り1年余りの契約となっており、今夏の去就に注目が集まる。

 これらの選手について元会長は「4人や5人の重要な選手の契約が来年に満了を迎える。彼ら全員との交渉が始まっていると理解している。すべてが成功することを心から願う」とキープレーヤーの残留を望んでいる。(Goal.com)