2019.12.3 12:32

キエッリーニ、昨年のバロンドールに疑問「まさに“盗まれた”と言っていい」

キエッリーニ、昨年のバロンドールに疑問「まさに“盗まれた”と言っていい」

キエッリーニ、昨年のバロンドールに疑問「まさに“盗まれた”と言っていい」

キエッリーニ、昨年のバロンドールに疑問「まさに“盗まれた”と言っていい」【拡大】

 ユベントスのDFジョルジョ・キエッリーニが2日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、バロンドールについて自身の見解を示した。

 バロンドールの授賞式が行われた夜、ミラノではイタリアサッカーの頂点を競うイタリアサッカー選手協会(AIC)主催の『グラン・ガラ・デル・カルチョ2019』が開催され、キエッリーニは、2018-19シーズンのセリエAトップ11の1人に選出された。

 ユーヴェDFはインタビューを受けると、バロンドールに言及。今年、同僚のクリスティアーノ・ロナウドではなく、リオネル・メッシが受賞したことに理解を示しつつ、ルカ・モドリッチが選出された昨年の選考に疑問を呈した。

 「バロンドールがメッシに与えられるのはあり得る。だが、昨年はまさに“盗まれた”と言っていい。RマドリードがC・ロナウドに受賞させないように決定したのだろうか。本当に奇妙だった。モドリッチ自身にとっても最高のシーズンではなかったからね」

 「昨年のバロンドールは理論上、ワールドカップで優勝したフランスの(アントワーヌ)グリーズマンか(ポール)ポグバ、(キリアン)ムバッペが受賞するべきだった。レアルはC・ロナウドが自分のところの選手でなくなったから、受賞して欲しくなかったのだろうね」

 「今年はC・ロナウド、メッシ、(フィルジル)ファン・ダイクの3人で難しかったはず。(ロジャー)フェデラー、(ラファエル)ナダル、(ノヴァク)ジョコヴィッチの中から選ぶようなものだよ」

 またキエッリーニは、今シーズンからユベントスでプレーする20歳のマタイス・デ・リフトに言及。「彼とは毎日話をしている。頭の良い青年だし、学ぶ意欲が高い。まったく違うリーグに押しつぶされてしまったが、20歳にとって簡単なものではないだろう」とコメントした。(Goal.com)