2019.9.11 20:15

レアル・クルトワ担当した代理人ら拘束 ベルギー検察、移籍疑惑で捜索

レアル・クルトワ担当した代理人ら拘束 ベルギー検察、移籍疑惑で捜索

 ベルギー検察は11日、サッカー選手の移籍に絡む不透明な金の流れを解明するため、同国内とモナコ、ロンドンの計7カ所を10~11日に家宅捜索し、モナコで選手の代理人らを拘束した。検察は捜索について、4月に行ったベルギー1部リーグの強豪アンデルレヒトや同国サッカー協会の捜索と関連しているとしている。

 検察は詳細を公表していないが、ベルギーメディアは、スペインの名門クラブ、レアル・マドリードでプレーするベルギー代表ゴールキーパー、ティボー・クルトワらの代理人を務めたクリストフ・エンロテイ氏と同氏のアシスタントが拘束されたと伝えた。

 アンデルレヒトでは森岡亮太が2018年1月から1年間プレーしたが、検察は4月、捜査対象は16年より前に行われた疑惑だと説明した。(共同)