2019.8.20 17:53

レアル最古参のマルセロ、さらなる補強の必要性問われ「ノー」

レアル最古参のマルセロ、さらなる補強の必要性問われ「ノー」

レアル最古参のマルセロ、さらなる補強の必要性問われ「ノー」

レアル最古参のマルセロ、さらなる補強の必要性問われ「ノー」【拡大】

 RマドリードDFマルセロは、これ以上の戦力拡大は必要ないと考えているようだ。

 昨シーズンを主要タイトル無冠という失意の中で終え、今夏にMFエデン・アザールらを獲得するなど大型補強を敢行したRマドリード。しかし、プレシーズンではAマドリードに3-7の大敗を喫するなど、不安を抱かせるパフォーマンスを披露した。

 それでも、リーガ・エスパニョーラ開幕戦ではセルタに3-1で勝利。MFルカ・モドリッチが退場して数的不利の戦いとなったが、幸先の良いスタートを切ることに成功した。

 さらなる補強候補としてパリサンジェルマンFWネイマールらビッグネームの名前も浮上しているが、最古参の1人でもあるマルセロは『Bild』のインタビューの中で補強の必要性を問われて以下のように否定した。

 「ノー。僕らは良いチームを有している」

 「困難があるだろうけど、僕らがそれぞれ自分のタスクに集中すれば、すべてを勝ち取ることができる。Rマドリードに入団してから、すべてのタイトルを争うように教えられてきた」

 また、昨シーズンには若手DFセルヒオ・レギロンにポジションを奪われる時期もあったマルセロだが、その経験も学びの1つとして捉えているようだ。

 「批判とともに生きること、自分のことをやり続けることを学んだ。自分が良くやっているのか悪いのか、他の誰よりも分かっている。批判が僕を悩ませることはないよ」(Goal.com)