2019.8.19 23:12(1/2ページ)

J・フェリックス奪取のPK失敗したモラタ「僕のせいでチームは走る羽目になった…フェリックスは世界最高の一選手になる」

J・フェリックス奪取のPK失敗したモラタ「僕のせいでチームは走る羽目になった…フェリックスは世界最高の一選手になる」

J・フェリックス奪取のPK失敗したモラタ「僕のせいでチームは走る羽目になった…フェリックスは世界最高の一選手になる」

J・フェリックス奪取のPK失敗したモラタ「僕のせいでチームは走る羽目になった…フェリックスは世界最高の一選手になる」【拡大】

 18日のリーガ・エスパニョーラ第1節、Aマドリードは本拠地ワンダ・メトロポリターノでのヘタフェ戦に1-0で勝利した。アトレティコの先制点を記録し、その後にPKを外してしまったFWアルバロ・モラタは、チームに迷惑をかけたと反省を口にしながらも、最終的に勝利をつかんだことへの満足感も表している。

 この試合の前半にヘディングシュートで先制点を記録したモラタだが、後半にはFWジョアン・フェリックスが3人抜きのドリブルから獲得したPKのキッカーを務め、ヘタフェGKダビド・ソリアに止められた。リードを広げられなかったアトレティコは、1点のリードを守り切る形で開幕戦勝利を飾っている。

 試合後、ディエゴ・シメオネ監督の後に会見場に姿を表したモラタは、PK失敗について次のように振り返った。

 「PKを失敗したが、そういう役回りになることだってある。自分のせいで、チームはもっと走る羽目になってしまった。今日は自分が失敗したけど、また違う日にはほかの選手が失敗をする。それがフットボールというものなんだよ。僕たちは難しいチームとの試合に臨んだが、最後には勝利をつかんだ。もし自分がPKを決めていれば、また違う展開になったんだろうけど、でも勝利をつかんだことが何より大切だ」

 「PKの場面では彼(ダビド・ソリア、Rマドリードで一緒だった時期もある)がどう動くのかを見るために我慢をした。彼は僕のことを知っているし、シュートをうまく止めたね。でも、重要なのは僕たちが勝利をつかんだことだ」

【続きを読む】