2019.7.20 13:31

ロイス「僕は香川の控えだった」 ドルトムント加入当時を回顧

ロイス「僕は香川の控えだった」 ドルトムント加入当時を回顧

特集:
香川真司
ロイス「僕は香川の控えだった」 ドルトムント加入当時を回顧

ロイス「僕は香川の控えだった」 ドルトムント加入当時を回顧【拡大】

 ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスは、加入当時の経緯を明かしている。『Goal』の独占インタビューで語った。

 現在、ドルトムントで主将を務めるロイスは、クラブの下部組織で少年時代を過ごした。一方で、トップチームへと戻るまでにはロートヴァイス・アーレン、ボルシア・メンヘングラードバッハでのプレーを経験。紆余曲折の末に2012年1月にドルトムント復帰が決定し、2012-13シーズンからクラブの一員となった。

 しかし、当時は同ポジションであるマリオ・ゲッツェ、香川真司がユルゲン・クロップ監督の元で躍動していた。結局、香川はロイス加入と同時にマンチェスターUへ旅立つこととなるが、クロップ監督との話し合いの末に移籍を決意したと語る。

 「クラブがある選手と契約したがった時、大切なのは監督がその選手に哲学を伝えられるか、それに見合った選手かということだ。それは僕も変わらない。あの年、香川真司がマンチェスターUに移籍したけど、僕は彼の控えだった。僕たちは、彼が僕をどのポジションとして見ているのか、どこなら僕自身をより良くできるかについて話し合ったんだ。彼の存在は、間違いなく僕がドルトムントとサインを交わした理由の一つだ」

 また、現在はリバプールで指揮を執り、昨季はチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げた恩師クロップの特別な能力にも言及。「まるで動物」と称し、このように説明した。

 「みんなはたぶんテレビで見る彼しか知らないだろう。ユルゲンはじっと座っているとオーラのある人で、アグレッシブだ。話す時には熱意があり、人としての大きさを感じさせる。とても印象的な人間だよね。彼のような話し方の人間は、たぶんプロの世界にはめったにいないと思う。彼はその言葉で人を引き付けて離さないんだ。彼と話した後は心がふらふらしたよ」(Goal.com)