2019.6.29 23:31

ボルシアMG、シャルケからエンボロ獲得 ローゼ新体制下では2トップの一角か

ボルシアMG、シャルケからエンボロ獲得 ローゼ新体制下では2トップの一角か

ボルシアMG、シャルケからエンボロ獲得 ローゼ新体制下では2トップの一角か

ボルシアMG、シャルケからエンボロ獲得 ローゼ新体制下では2トップの一角か【拡大】

 ボルシア・メンヒェングラットバッハ(ボルシアMG)は28日、シャルケからスイス代表FWブレール・エンボロを獲得したことを発表した。契約は2023年まで。

 2016年夏にシャルケ史上最高額の2650万ユーロで、母国のバーゼルからドイツへと渡ったエンボロ。ドイツでの初シーズンには序盤に足首骨折を強いられるなど長期離脱に苦しんだが、3シーズン通算では公式戦60試合に出場して12ゴールの記録を残した。

 そんなエンボロは、マルコ・ローゼ新監督をレッドブル・ザルツブルクから迎えたボルシアMGに移籍することに。新たに加入したクラブの公式ウェブサイトで「代表の同僚からボルシアについてはいいことしか聞いていないので、このクラブのためにプレーする機会をもらい、とても喜んでいる」と現在の心境を語った。

 なお報道によると、ボルシアMGが支払う移籍金は1000万ユーロ(約12億2000万円)程度とのこと。センターフォワードを本職とするエンボロだが、新クラブではローゼ監督がザルツブルクでも採用した2トップの一角、またはトップ下やウィングとしての起用法が考えられる。(Goal.com)