2019.6.29 08:13

長谷部所属フランクフルト、スイス代表・ソウを獲得

長谷部所属フランクフルト、スイス代表・ソウを獲得

特集:
長谷部誠
長谷部所属フランクフルト、スイス代表・ソウを獲得

長谷部所属フランクフルト、スイス代表・ソウを獲得【拡大】

 元日本代表MFの長谷部誠が所属するフランクフルトは現地時間27日に、ヤングボーイズ・ベルンからスイス代表MFジブリル・ソウを獲得したことを発表。契約は2024年までとなっている。

 現在22歳のソウはチューリッヒ出身のセントラルミッドフィールダー。2015年夏から2年間ボルシア・メンヒェングラットバッハで過ごしたが、2017年にはヤングボーイズに加わり、当時指揮を執っていた現フランクフルトのアディ・ヒュッタ-監督の下でブレイク。中心選手の1人としてヤングボーイズのリーグ2連覇に貢献した。

 そんなソウだが、フランクフルトで恩師のヒュッター監督と再会することに。同クラブの公式ウェブサイトで、強化を務めるフレディ・ボビッチ執行役員はソウの獲得について「高い技術力、優れた戦術眼、そして身体能力は我々の助けとなるだろう」と歓迎のコメントを残した。

 なおドイツ誌『キッカー』によると、フランクフルトはヤングボーイズには移籍金1000万ユーロ(約12億2000万円)+ボーナス400万ユーロ(約4億9000万円)を支払うという。2017年にFWセバスティアン・アレルの獲得に投じた700万ユーロ(当時のレートで約9億円)がクラブレコードだった同クラブだが、それを塗り替えることになった。(Goal.com)