2019.6.20 17:56

ボルシアMG、ザルツブルクからライナー獲得 新指揮官とドイツで再会

ボルシアMG、ザルツブルクからライナー獲得 新指揮官とドイツで再会

ボルシアMG、ザルツブルクからライナー獲得 新指揮官とドイツで再会

ボルシアMG、ザルツブルクからライナー獲得 新指揮官とドイツで再会【拡大】

 ボルシアMGがザルツブルクのオーストリア代表DFシュテファン・ライナーを獲得した。

 1992年生まれ、現在26歳のライナーはザルツブルクの下部組織育ちで、リーフェリング、SVリートなどで評価を高め、2015年にザルツブルクへ復帰。以降4シーズンは右サイドバックの主力として活躍し、18-19シーズンはリーグ戦25試合1ゴール4アシストの記録を残していた。

 なお、新シーズンからボルシアMGの新指揮官にはマルコ・ローズの就任が決まっている。同監督は2017年夏から2シーズンにわたってザルツブルクを率いており、南野拓実やライナーを指導していた。

 ライナーのボルシアMG入りはローズ監督の要望もあり実現。古巣ザルツブルクから教え子を獲得する形になった。(Goal.com)