2019.6.16 22:09

フンメルス、ドルトムント復帰でクラブ間合意との報道…本人は減俸も移籍に前向きの構えか

フンメルス、ドルトムント復帰でクラブ間合意との報道…本人は減俸も移籍に前向きの構えか

フンメルス、ドルトムント復帰でクラブ間合意との報道…本人は減俸も移籍に前向きの構えか

フンメルス、ドルトムント復帰でクラブ間合意との報道…本人は減俸も移籍に前向きの構えか【拡大】

 Bミュンヘンに所属する元ドイツ代表DFマッツ・フンメルスは、ドルトムント復帰が近づいているようだ。ドイツ紙『ビルト』の日曜版『ビルト・アム・ゾンターク』が伝えた。

 今季バイエルンと激しい優勝争いを繰り広げるも、結局2位でシーズンを終えたドルトムント。来シーズンに雪辱を果たすため、ドイツ代表DFニコ・シュルツ、ユリアン・ブラント、ベルギー代表MFトルガン・アザールを獲得するなど積極的に補強に動いているが、センターバックの補強としては2016年夏にバイエルンへと移籍した現在30歳フンメルスの再獲得を画策していることが報じられる。

 そして新たな報道によると、バイエルンのニコ・コバチ監督はフンメルスの売却に同意し、ドルトムントとの交渉もすでに「ほぼ完了」しているという。バイエルン側はドルトムントが提示した2000万ユーロ(約24億3000万円)+ボーナスの獲得オファーを「適切と判断」したようだ。また、本人もこれまで受け取っていた1200万ユーロ(約14億6000万円)を下回る1000万ユーロ弱の年俸を受け入れ、前向きの構えを示ししているとのこと。

 バイエルン下部組織育ちのフンメルスは2008年1月にドルトムントに加わり、中心選手の1人として2010-11、11-12シーズンのブンデスリーガ連覇、2012年のDFBポカール制覇に貢献。2016年にバイエルンへの復帰が明らかになった際にはサポーターから批判が集まったが、ドルトムントに戻ることになれば、またも賛否両論の声が上がるかもしれない。(Goal.com)